静岡県/西伊豆 戸田温泉『海のほてる いさば』の温泉解説−本物の温泉を使った宿のみご紹介しています。−温泉検索どっとこむ

TOP > 熱海・伊豆エリア > 静岡県 > 西伊豆 戸田温泉

海に浮かぶ富士山と美しい夕日を望みながらの湯浴みが楽しめる絶景の宿

海のほてる いさば

Umi_no_Hotel ISABA

源泉の利用状況

加水
なし
加温
なし
消毒
なし
循環
なし
入浴剤
なし
× × × ×
※全ての浴槽で加水・加温・循環・消毒している

源泉率

約20%

湯の入替

※男女別大浴場・・・週に1回
※その他のお風呂・・・2,3日に1回

源泉の湧出状況

水中モータポンプを利用した動力揚湯

引湯方法

タンクローリーで毎日約3トン運搬

源泉から湯舟までの距離

約3km

温度の調整方法

適宜加温して調整

飲泉

不可

温泉力 チャート(5段階評価)

ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・塩化物温泉
低張性 アルカリ性 高温泉

〒410-3402 静岡県沼津市戸田美浜海岸3878-20
TEL:0558-94-3048

お問合せの際は「温泉検索どっとこむ」を見たとお伝え下さい。
貸切温泉どっとこむ 宿泊レポートへ
宿の公式ホームページへ

料金データ

1泊2食料金

¥20,900〜

1泊朝食料金

設定なし

素泊り

設定なし

一人泊

設定なし

宿泊時の貸切風呂料金

無料

日帰り

設定なし

日帰り貸切温泉

設定なし

水素イオン濃度(pHペーハー)


一言コメント

さらさらとした肌ざわりで肌が弱い人でも入浴できる。

温泉成分表

泉質名

ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・塩化物温泉(低張性 アルカリ性 高温泉)

湯の色

露天風呂付き部屋殆ど無色、透明  

湯の香り

無臭

溶存物質(ガス性のものを除く成分@+A+Bの合計)

2,566mg/kg

泉温

51.9℃ (調査時の気温20.9℃)  

pH値

9.6(アルカリ性)

湧出量

約175リットル/分 引き湯(この宿の使用量: 約5.2リットル/分

一人あたりの温泉利用量(湧出量/収容人数)

約0.04リットル/人(最大収容人数140人)

※源泉かけ流しの必要条件・浴槽管理に必要な温泉量は、入湯客1人当たり1リットル/分以上(「源泉湯宿」より引用)

温泉の成分(源泉1kg中に含有する分量)

陽イオン ミリグラム ミリバル ミリバル% 陰イオン ミリグラム ミリバル ミリバル%
ナトリウムイオン(Na+ 618.8 26.92

72.21

炭酸イオン(CO32- 15.6 0.52 1.39
カリウムイオン(K+ 9.9 0.25 0.67 水酸化物イオン(OH- 0.7 0.04 0.11
マグネシウムイオン(Mg2+ 5.8 0.48 1.29 塩化物イオン(Cl- 270.6 7.63 20.34
カルシウムイオン(Ca2+ 193.0 9.63 25.83 臭化物イオン(Br- 0.2 0.00 0.00
        硫酸イオン(SO42- 1399 29.13 77.66
        メタホウ酸イオン(NO3- 8.1 0.19 0.51
計@ 827.5 37.28 100.00 計A 1694 37.51 100.00
非解離成分 ミリグラム ミリモル 溶存ガス成分 ミリグラム ミリモル
メタケイ酸(H2SiO3 43.9 0.56      
計B 43.9 0.56 計C 0.00 0.00

その他微量成分
アルミニウムイオン、鉄(U)イオン、鉄(V)イオン、銅イオン:0.005mg/kg未満、マンガンイオン:0.06mg/kg、ヨウ化物イオン:0.08mg/kg、チオ硫酸イオン、総硫化水素:0.1mg/kg未満、メタ亜ヒ酸イオン:0.053mg/kg、総リン酸態リン:0.03mg/kg未満

この泉質ならではの適応症(平成26年7月1日改定)


きりきず、抹消循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症

浴用の一般的適応症(平成26年7月1日改定)


筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、病後回復期、疲労回復、健康増進

この泉質ならではの浴用の禁忌症(平成26年7月1日改定)


なし

浴用の一般的禁忌症(平成26年7月1日改定)


病気の活動期(特に熱のあるとき)、活動性の結核、進行した悪性腫瘍又は高度の貧血など身体衰弱の著しい場合、少し動くと息苦しくなるような重い心臓又は肺の病気、むくみのあるような重い腎臓の病気、消化管出血、目に見える出血があるとき、慢性の病気の急性増悪期

飲用の適応症


不可

分析日 (上記の温泉成分表は下記機関の調査データより引用)


平成28年8月3日(一般財団法人静岡県生活科学検査センター)

※適応症・禁忌症に関しては、平成26年7月の改正の「鉱泉分析法指針」に準拠しています。

※宿よりデータを提供して頂きました。


温泉の言い伝え/その他

◆伝承による効能

比較的新しい温泉(昭和61年4月に湧出)であるため、特になし

◆この湯に浸かった歴史上の人物

比較的新しい温泉(昭和61年4月に湧出)であるため、特になし

◆この湯に浸かった著名人

加藤茶さん、橋本志穂さん、さとう珠緒さん(「いい旅夢気分」の取材の際に来館)

温泉の解説

◆泉質名

ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・塩化物温泉(低張性 アルカリ性 高温泉)

◆美肌の湯 4要素

該当数 2
※硫酸塩泉であること、アルカリ性の泉質であることから該当数2
肌の美白効果 肌のなめらか効果 肌の蘇生効果 肌のつるすべ効果 その他
硫黄泉 炭酸水素塩泉 硫酸塩泉 (弱)アルカリ性 メタケイ酸

◆こんな人に最適


切り傷や火傷などの皮膚表面のトラブルにお悩みの方、オイリースキンの方、高血圧や動脈硬化症などの血管に関するお悩みの方、美肌になりたい方

◆温泉レポート


「海のほてる いさば」は文字通り、オーシャンビューが楽しめる温泉旅館だ。天気に恵まれれば、海に浮かぶ富士山を望みながらの湯浴みも可能。このような環境で湯浴みすることで転地効果が発生する。それは日常とは違う環境に身を置くことで、心理的に落ち着き、体調を整えたり、さらには病気からの回復に有効というものだ。さらにその場所が、この宿のように絶景が楽しめるとなれば、より強い効果が得られる。
また、波の音を聴いたり、潮風を肌で感じたりすることにも良い効果がある。波の音は1/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)という、規則的でもあり不規則でもある複雑な波長を含んでいる。これはお母さんのお腹にいた時に聴いていた音で、誰しも懐かしい気持ちになりリラックスするのだ。また、潮風には海塩粒子が含まれ、これを浴びると体が活性化するとも言われている。
ここの温泉の泉質は「ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・塩化物温泉」でpH9.6のアルカリ性
一般的に人間の肌は弱酸性なので、アルカリ性の温泉に浸かると肌表面が反応しツルツルとした肌触りになる。湯上がりには古くなった角質が溶けて、ツルツル肌になっているだろう。アルカリ性であることは美肌の湯と言われる条件のひとつである。
ただし美肌の湯にも落とし穴があるので注意が必要。角質が取れるということは湯上がりには肌が乾燥しやすい状態になってしまっているのだ。乾燥肌の人は特に注意が必要。だがここの温泉に限ってはその心配は無用だ。
この温泉は塩化物泉。つまり塩分を含む温泉で、この温泉に浸かると塩分がまるでパックのように体を覆う。この塩分パックが湯上がり後の肌乾燥を防ぐのだ。
同時に、発汗による体温低下を緩やかにするので冷え性の方にもオススメ。塩化物泉は「熱の湯」とも言われることがある。
さらに塩化物泉は肌の殺菌作用があるため、浸かることで切り傷や火傷などの回復を促進する効果がある。そのため「傷の湯」とも言われることがある。
硫酸塩泉であることにも注目。硫酸塩はカルシウムと結びつくことで肌の蘇生効果を発揮する。言い換えると肌の新陳代謝を活性化するので、肌表面のトラブルを広く抑えてくれる。特に切り傷、火傷、ニキビ、慢性湿疹、乾癬(かんせん)に良いとされているため、硫酸塩泉は塩化物泉と同様に「傷の湯」とも言われることがある。また、皮膚の弾力性を刺激してシワを防ぐ効果もあると言われているので、「アンチ・エイジングの湯」または「若返りの湯」とも呼ばれることがある。こういった効果から、硫酸塩泉であることも、美肌の湯の条件のひとつとなっている。
また、カルシウムには鎮静作用があり、これによって高血圧症、動脈硬化症、脳卒中、慢性関節リウマチに効果があるとされている。血管に関する大病を予防する効果が期待できるため「脳卒中の湯」とも言われる。また、硫酸塩はナトリウムイオンと結びつくことで高血圧症、動脈硬化症、外傷にも効果を発揮する。
この宿では温泉資源の保護のため、温泉に水道水を足しつつ加温して循環させている。この温泉(塩類泉)の成分は加温されても影響が出にくい(劣化しにくい)。しかし、加水によって温泉成分が薄まってしまうことは否定できないが、それでも市販の入浴剤を家庭で使用する場合よりも数倍濃い温泉になっている。
いわゆる循環ろ過システムを使った温泉であるが、その最大の利点は、常に適温が維持される事と、衛生面だろう。
源泉かけ流しスタイルの温泉は、それ相応の湯量が必要となる。その指標として、新しい温泉が湯舟に注がれ、1時間ほどで浴槽全体が新しい温泉に入れ替わる量という事だ。
しかし、それだけの湯量を持つ温泉旅館ホテルは、全国的に見ても残念ながら数少ない。
不特定多数の入浴する男女別大浴場では、かけ湯を怠るような入浴マナーを無視する人もいると考えれば、循環ろ過システムは必要なものと理解できる。
特に日本人の典型的な旅行パターンである1泊2日のスタイルでは、源泉100%かけ流しの温泉に入っても、それほど効果が期待できないのは、悲しいかな事実なのである。
この宿では伊勢海老や活アワビ、高足かに等の駿河湾の恵を思う存分楽しめる。新鮮な魚介のあまりの美味しさに、ついつい食べすぎてしまうかもしれない。だがしかしご安心を。入浴にはダイエット効果があるのだ。入浴中は運動時と同じように、消費するカロリー量が上昇することが様々な研究機関により確認されている。入浴による消費カロリー量はなんと、ジョギングの2倍の効率でカロリーが消費されるのだ(「温泉療養の手帖」(民間活力開発機構)より引用)。美食をたらふく食べた後は、温泉にじっくりと浸かってリセットしよう。もちろん、飲酒後の温泉入浴は控えていただきたいが。
とはいえこの宿は何といってもロケーションの良さが最大の魅力。日本人の心に訴えかける富士山、目の前に広がる駿河湾、真っ赤に燃える夕陽…。これらを眺めながらの湯浴みは、最高の時間の過ごし方と言えよう。

貸切展望風呂「富士のゆき」

枠に檜を配した石の浴槽が備わり、大人3人でも一緒に入れるぐらいの広さがある。魚の形をした湯口が可愛らしい。完全室内の内風呂だが、窓が大きくとられ、並みの露天風呂以上の開放的な造り。天気が良ければ、正面に富士山の絶景が広がっている。

貸切展望風呂「汐のかほり」

石の質感を活かした砂利の洗い出しの浴槽が備わっている。雄大な駿河湾と対面しながら、ゆっくりと湯と戯れていただきたい。丸い陶器の浴槽が備わり、美しい富士や、水平線に消えていく夕日を眺めながら湯浴みが楽しめる。

2階「静の海」の客室「名月」の客室展望風呂

はめ殺しの窓があるため、貸切展望風呂ほど眺望は開けていないが、砂利洗い出しの浴槽は雰囲気がある。24時間、自分の好きな時間に、ゆっくりと温泉を味わいたい方は、2階「静の海」の客室にお泊りいただくといいだろう。

男女別大浴場「富士見の湯」の露天風呂

男女別大浴場は時間で男女が入れ替わる。それぞれ内風呂にサウナも備わっている。そのうち富士見の湯の露天風呂は最も開放的だ。海と一体化したかと思うような極上の湯浴みができるだけでなく、富士山を望める展望台もある。


宿レポート

戸田温泉は、1986年(昭和61年)に湧き出た比較的新興の温泉地。旧戸田村は交通の便が悪く、温泉もなかったので、観光振興に願いをかけて温泉掘削に踏みきり、見事温泉を掘り当てたという。現在、主に戸田湾のある御浜岬沿いの崖の近くにも数軒の宿が佇む。「海のほてる いさば」もその一つだ。富士山の眺望に関しては、このエリアではトップだと言っても過言ではないだろう。
もともと、"いさば"という言葉は、"五十集"と書き、戸田では魚を意味する言葉として用いられていた。つまり「いさばや」というと、魚を扱う商人の事だ。先祖が回船問屋をしていたことから、代々この屋号が受け継がれている 海に囲まれた自然と共生し、この地で生活を営んできたのであろう。
2003年には「日本の夕陽の宿・百選」に認定される。海に沈み行く夕日は、幾人もののお客を感動させてきたわけだ。激しく燃えるような夕陽もいいが、夜になれば、幻想的な月の明かりが、私たちをホッとさせてくれる。旅の疲れを癒してくれるように、優しげに何かを語りかけてくれるようだ。海に映し出している月の光は、波のスクリーンによって、ゆらゆらと寂しげに揺れる。このような一枚の絵画のような風景を見ていると、誰でも詩人にしてくれるに違いない。
この宿が位置する西伊豆エリアは、電車が通っていないので周囲に駅はなく、はっきり言って今でも交通の便が悪い。ただし、クルマであれば首都圏からのアクセスもいい。その景色に魅了された宿泊客がリピーターとして訪れることも多いと聞く。この宿に限らず、西伊豆に宿を決める方は、クルマ利用の客が多い。そして、旅の醍醐味のひとつである、目的地に辿り着くまでのアプローチ、つまりドライブも間違いなく楽しい。沼津からは、少し遠回りでも、海岸線のラインを選び、海を見下ろすようなワインディングロードに愛車を走らせる。目まぐるしく変わるランドスケープは、宿に到着するまでのプレリュードとなるだろう。
「海のほてる いさば」に泊まってみると、表面的には分からない、隠された魅力がひしひしと伝わってくる。何といっても、崖の上にへばりつくように建てられた佇まいは、海の眺望はもちろん、一般的な温泉旅館とは比べ物にならないほど、開放感がみなぎっている。そして、その空気感は、底抜けに明るい。この点が「旅館」でなく「ホテル」でもなく、「海のほてる」と呼ぶ所以なのだと得心させられた。
この宿には、本当にリピーター客が多い。類まれなる絶景と、新鮮で美味しい食事、そして温かいスタッフの心遣いで、宿に泊まるというよりも、自分の別荘を利用するような感覚なのかもしれない。海に浮かぶ富士、海に沈む夕日を眺めながら過ごす時間は、改めて人生の素晴らしさを再認識させてくれる時間でもある。忙しい毎日を過ごしている人も、ここに身を委ねれば、時を止めて、自分を振り返る事ができる・・・そんな空間を提供できる事が、この「海のほてる いさば」の最大のポテンシャルなのだ。

貸切温泉どっとこむ 宿泊レポートへ 宿の公式ホームページへ

宿データ

創業 昭和46年
チェックイン 15:00
チェックアウト 10:00
宿の立地環境 海(夕日、富士山)
部屋数 全30室
収容人数 140名
駐車場 50台
施設 宴会場、ラウンジ、売店
インターネット Wi-Fi対応
バリアフリー 一部対応
シャワー付きトイレ 完備

交通アクセス

電車 JR東海道線三島駅より伊豆箱根鉄道修善寺下車→戸田行きバスにて終点戸田温泉まで(50分)
送迎 あり(戸田のバス停、戸田の港まで送迎可)
クルマ 東名高速沼津ICより約80分
静岡県/西伊豆 戸田温泉/海のほてる いさば
〒410-3402 静岡県沼津市戸田美浜海岸3878-20 TEL:0558-94-3048
貸切温泉どっとこむ 宿泊レポートへ 宿の公式ホームページへ


上記のデータは 2019/10/8現在のものです。

泉質一覧


地域検索

条件別検索

求人・スタッフ募集

この記事の執筆者

執筆者:温泉&旅 倶楽部 事務局長 大竹央将

執筆者:温泉コム株式会社 CEO 大竹仁一

クチコミ一覧

(名前をクリックすると各々のSNSへ飛びます)

この温泉を推薦する温泉ソムリエ!:温泉ソムリエ協会・家元 遠間和広


おすすめリンク

「貸切温泉どっとこむ」
全国の貸切露天風呂や露天風呂付客室のある宿を厳選して掲載。憧れの宿から穴場の隠れ家宿まで、温泉旅館ツウが現地取材した実録レポートを収録。
温泉&旅 倶楽部
旅のインフルエンサーがSNSを使って、あなたの宿とお客様をコネクトします!

温泉コラム

RSS表示パーツ

新着情報

2019/11/13 温泉レポート掲載しました!

熊本県/ 植木温泉/今宵の湯宿 悠然

2019/11/6 温泉レポート掲載しました!

長野県/上諏訪温泉/上諏訪温泉 しんゆ

2019/11/2 温泉レポート掲載しました!

長野県/乗鞍高原温泉/山水館信濃

2019/11/2 温泉レポート掲載しました!

静岡県/西伊豆 戸田温泉/海のほてる いさば

2019/11/2 温泉レポート掲載しました!

神奈川県/箱根 宮ノ下温泉/箱根吟遊

2019/10/4 温泉レポート掲載しました!

神奈川県/湯河原温泉/湯河原 源泉のお宿 千代田荘

2019/09/30 温泉レポート掲載しました!

神奈川県/箱根・湯本温泉/箱根 花紋

2019/09/12 温泉レポート掲載しました!

北海道/定山渓温泉/ぬくもりの宿 ふる川

2019/09/06 温泉レポート掲載しました!

北海道/小樽朝里川温泉/おたる宏楽園

2019/09/05 温泉レポート掲載しました!

石川県/山中温泉/お花見久兵衛

2019/08/08 温泉レポート掲載しました!

静岡県/西伊豆 土肥温泉/無雙庵 枇杷

2019/08/08 温泉レポート掲載しました!

静岡県/西伊豆 土肥温泉/頬杖の刻

2019/08/05 温泉レポート掲載しました!

兵庫県/有馬温泉/竹取亭円山

2019/08/01 温泉レポート掲載しました!

長崎県/雲仙温泉/民芸モダンの宿 雲仙福田屋

2019/07/13 温泉レポート掲載しました!

新潟県/越後長野温泉/妙湶和樂 嵐渓荘

2019/07/04 温泉レポート掲載しました!

静岡県/西伊豆 堂ヶ島温泉/世界ジオパーク伊豆 繭二梁

2019/07/04 温泉レポート掲載しました!

静岡県/西伊豆 土肥温泉/富岳群青

2019/05/29 温泉レポート掲載しました!

群馬県/谷川温泉/別邸 仙寿庵

2019/05/03 温泉レポート更新しました!

熊本県/平山温泉/ほたるの長屋

2019/05/03 温泉レポート更新しました!

大分県/筋湯温泉/山あいの宿 喜安屋

2018/05/20 温泉レポート更新しました!

群馬県/伊香保温泉/千明仁泉亭

2017/12/15 温泉レポート掲載しました!

群馬県/万座温泉/万座プリンスホテル

2017/09/10 温泉レポート掲載しました!

大分県/由布院温泉/由布のお宿 ほたる

2016/04/10 温泉レポート掲載しました!

栃木県/塩原温泉郷・新湯温泉/奥塩原高原ホテル

2014/04/11 温泉レポート掲載しました!

山形県/小野川温泉/小野川温泉 河鹿荘

2013/06/28 温泉レポート掲載しました!

鹿児島県/妙見温泉/忘れの里 雅叙苑

2013/03/18 温泉レポート掲載しました!

福島県/岳温泉/お宿 花かんざし

2012/12/01 温泉レポート掲載しました!

新潟県/栃尾又温泉/自在館

 

貸切温泉どっとこむ

企画編集 温泉コム株式会社 東京都渋谷区渋谷3-7-2/03-5485-1311(代)

掲載のご依頼お問い合わせ