温泉&旅 倶楽部

旅館大沼(自家源泉「大沼の湯」)
2種類の源泉を持ち、現代湯治を推奨する源泉かけ流しの宿

旅館大沼
自家源泉「大沼の湯」共同源泉「唐竹の湯」はコチラ

Ryokan Ohnuma

  ナトリウム-炭酸水素塩泉

pH
7.0

 
sodium - hydrogen carbonate springs
(低張性・中性・高温泉)
旧泉質名:純重曹泉

こんな人に最適

  • 美肌を求める方
  • 乾燥肌の方
  • 冷え性の方
住所
〒989-6811 宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯34

Google マップ

TEL
0229-83-3052
お問い合わせの際は「温泉検索どっとこむ」を見たとお伝えください。
宿の公式HP

宿の公式HP

貸切温泉どっとこむKashikiri-onsen.com

宿泊レポート

源泉 利用状況
  • 自家源泉
  • 集中管理
  • 共同源泉
  • 混合泉
  • 引き湯
  • 運び湯
  • 湧出状況
  • 自然湧出
  • 掘削自噴
  • 動力揚湯
  • 温泉力 チャート(5段階評価)

    女性大浴場「天女の湯」

    水素イオン濃度 (pHペーハー)

    水素イオン濃度 (pHペーハー)
    一言コメント
    しっとりとした肌触りと湯あがりに爽快感

    温泉スペック

    ①メンタル回復 ②不眠症 ③血行促進 ④冷え性 ⑤ドライスキン
    ⑥きりきず ⑦皮膚病 ⑧アトピー対策 ⑨胸やけ ⑩胃腸の不調
    ⑪便秘 ⑫生活習慣病 ⑬糖尿病 ⑭痛風 ⑮メタボ対策
    ⑯胆道系の不安 ⑰貧血 ⑱リウマチ ⑲脊椎の痛み ⑳免疫力アップ
    • ※注①・・・泉質別適応症に、自律神経不安定症、うつ状態がある泉質(単純温泉・塩化物泉・二酸化炭素泉)。
    • ※注③・・・泉質別適応症に、末梢循環障害がある泉質(塩化物泉・炭酸水素塩泉・二酸化炭素泉・硫化水素型の硫黄泉)。
    • ※注④・・・泉質別適応症に、冷え性がある泉質(塩化物泉・炭酸水素塩泉・硫酸塩泉・二酸化炭素泉)と含鉄泉
    • ※注⑦・・・泉質別適応症に、皮膚乾燥症、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、表皮化膿症、慢性湿疹がある泉質(塩化物泉・炭酸水素塩泉・硫酸塩泉・酸性泉・硫黄泉)。
    • ※注⑨・・・飲用の泉質別適応症に、逆流性食道炎がある泉質(炭酸水素塩泉)。
    • ※注⑩・・・飲用の泉質別適応症に、萎縮性胃炎、胃十二指腸潰瘍がある泉質(塩化物泉・炭酸水素塩泉)。
    • ※注⑪・・・飲用で、塩化物泉硫酸塩泉
    • ※注⑫・・・泉質別適応症に、高コレステロール血症、糖尿病、痛風がある泉質(浴用で、酸性泉放射能泉/飲用で、炭酸水素塩泉・含よう素泉・硫黄泉)。
    • ※注⑮・・・飲用の泉質別適応症に、高コレステロール血症がある泉質(硫酸塩泉・含よう素泉・硫黄泉)。
    • ※注⑱⑲・・・泉質別適応症に、関節リウマチ、剛直性脊椎炎がある泉質(放射能泉)。
    • ※注⑳・・・放射能泉

    美肌の湯 6要素

    2要素適合

    クレンジング・なめらか効果 シワ防止・蘇生効果 美白・シミ予防効果
    炭酸水素塩泉 硫酸塩泉 硫黄泉
    角質除去・つるすべ効果 しっとり・保湿効果 コーティング・保湿効果
    (弱)アルカリ性の温泉 メタけい酸(100mg/kg以上) 塩化物泉
    • ※「四大美人泉質」は「炭酸水素塩泉」「硫酸塩泉」「硫黄泉」「(弱)アルカリ性単純温泉」と言われています。
    • ※メタけい酸が、100mg/kg以上含有している温泉は、保湿効果が優れ、「美肌の湯」と言われています。
    • ※「塩化物泉」は塩分パックで肌をコーティングする事で、保温・保湿効果と同時に、温泉成分をキープしてくれます。角質が除去された「美人の湯」の後に入る「仕上げの湯」とも呼ばれています。

    湯ざわり(入浴時)感触メーター(5段階評価)

    湯ざわり(入浴時)

    つるつる 湯ざわり(入浴時)感触メーター 湯ざわり(入浴時)感触メーター 湯ざわり(入浴時)感触メーター 湯ざわり(入浴時)感触メーター とろとろ 湯ざわり(入浴時)感触メーター
    さらさら 湯ざわり(入浴時)感触メーター 湯ざわり(入浴時)感触メーター 湯ざわり(入浴時)感触メーター もちもち 湯ざわり(入浴時)感触メーター 湯ざわり(入浴時)感触メーター
    しゅわしゅわ ぴりぴり
    浴場名「陽の湯」「陰の湯」「天女風呂」「灯りの湯」で判定

    湯あがり(入浴後)感触メーター(5段階評価)

    湯あがり(入浴後)

    すべすべ 湯あがり(入浴後)感触メーター 湯あがり(入浴後)感触メーター 湯あがり(入浴後)感触メーター 湯あがり(入浴後)感触メーター 湯あがり(入浴後)感触メーター かさかさ 湯あがり(入浴後)感触メーター
    さらさら 湯あがり(入浴後)感触メーター 湯あがり(入浴後)感触メーター 湯あがり(入浴後)感触メーター ぺたぺた
    しっとり 湯あがり(入浴後)感触メーター 湯あがり(入浴後)感触メーター 湯あがり(入浴後)感触メーター 湯あがり(入浴後)感触メーター 湯あがり(入浴後)感触メーター ぽかぽか 湯あがり(入浴後)感触メーター 湯あがり(入浴後)感触メーター
    浴場名「陽の湯」「陰の湯」「天女風呂」「灯りの湯」で判定

    露天風呂からの眺望メーター(5段階評価)

    露天風呂からの眺望

    眺望 眺望
    浴場名 浴場名 自家源泉の湯船に露天風呂なし
    露天風呂からの眺望メーター 露天風呂からの眺望メーター 露天風呂からの眺望メーター 露天風呂からの眺望メーター 露天風呂からの眺望メーター 評価 -

    源泉の利用状況

    加水
    なし
    加温
    なし
    消毒
    なし
    循環
    なし
    入浴剤
    なし
    ※すべての浴槽が源泉100%かけ流し
    ※「陽の湯」「陰の湯」「天女風呂」「灯りの湯」にてこの源泉を利用(他の浴槽は共同源泉「唐竹の湯」を使用している)
    ※「薬師千人風呂」のみ、自家源泉「大沼の湯」と共同源泉「唐竹の湯」を混合している。
    源泉率 100%
    湯の入替 1日1回(薬師千人風呂のみ週に数回)
    源泉の湧出状況 掘削自噴の自家源泉
    源泉から湯舟までの距離 数十メートル程度(敷地内で湧出)
    引湯方法 パイプで引湯
    温度の調整方法 湯量を調節して調整
    飲泉 不可
    源泉かけ流し風呂 すべてのお風呂

    温泉成分表 温泉分析書


    泉質名

    自家源泉「大沼の湯」 共同源泉「唐竹の湯」はコチラ

    ナトリウム-炭酸水素塩泉(低張性・中性・高温泉)
    旧泉質名:純重曹泉
    湯の色 薄黄色にして、濁りほとんどなし薄黄色にして、濁りほとんどなし
    湯の香り 微かに硫化水素臭及び甘味を有する
    溶存物質 1143.6mg/kg(ガス性のものを除く成分①+②+③の合計)
    泉温 64.9℃
    pH値 7.0(中性)
    湧出量 不明

    温泉の成分(源泉1kg中に含有する分量)

    陽イオン構成円グラフ
    ①陽イオン ミリグラム ミリバル ミリバル%
    ナトリウムイオン(Na+ 215.9 9.39 86.54
    カリウムイオン(K+ 20.7 0.53 4.88
    カルシウムイオン(Ca2+ 6.9 0.34 3.13
    アンモニウムイオン(NH4+ 5.4 0.30 2.77
    マグネシウムイオン(Mg2+ 2.8 0.23 2.12
    リチウムイオン(Li+ 0.3 0.04 0.37
    鉄(Ⅱ)イオン(Fe2+ 0.5 0.02 0.18
    マンガンイオン(Mn2+ 0.2 0.00 0.00
    鉄(Ⅲ)イオン(Fe3+ - - -
    銅イオン(Cu2+ - - -
    亜鉛イオン(Zn2+ - - -
    ストロンチウムイオン(Sr2+ - - -
    アルミニウムイオン(Al3+ - - -
           
           
           
           
    計① 252.7 10.85 100.00
    陰イオン構成円グラフ
    ②陰イオン ミリグラム ミリバル ミリバル%
    炭酸水素イオン(HCO3- 556.1 9.11 85.70
    塩化物イオン(Cl- 45.6 1.29 12.14
    りん酸1水素イオン(HPO42- 7.8 0.16 1.51
    硫酸イオン(SO42- 2.7 0.06 0.56
    よう化物イオン(I- 0.9 0.00 0.00
    硫化水素イオン(HS- 0.3 0.00 0.00
    ふっ化物イオン(F- 0.2 0.01 0.09
    りん酸2水素イオン(H2PO4- 0.0 0.00 0.00
    水酸化物イオン(OH- 0.0 0.00 0.00
    硫化物イオン(S2- 0.0 0.00 0.00
    メタ亜ひ酸イオン(ASO2- 0.0 0.00 0.00
    炭酸イオン(CO32- 0.0 0.00 0.00
    けい酸水素イオン(HSiO3- 0.0 0.00 0.00
    メタほう酸イオン(BO2- 0.0 0.00 0.00
    硫酸水素イオン(HSO4- 0.0 0.00 -
    チオ硫酸イオン(S2O32- - - -
    臭化物イオン(Br- - - -
    計② 613.6 10.63 100.00
    ③非解離成分 ミリグラム ミリモル
    メタけい酸(H2SiO3 273.2 3.50
    メタほう酸(HBO2 3.3 0.08
    メタ亜ひ酸(HASO2 0.8 0.01
    計③ 277.3 3.58
    溶存ガス成分 ミリグラム ミリモル
    遊離二酸化炭素(CO2 104.4 2.37
    遊離硫化水素(H2S) 0.4 0.01
         
    104.8 2.38
    その他微量成分
    総ひ素:0.53mg/kg、総水銀:0.0005mg/kg未満、鉛:0.01mg/kg、カドミウム:0.002mg/kg未満

    のマークがついているところは、「泉質名」に関わる成分と、「温泉」「療養泉」の資格条件になる成分です。


    この泉質ならではの適応症(平成26年7月1日改定)

    きりきず、末梢循環障害、冷え性、皮膚乾燥症

    浴用の一般的適応症(平成26年7月1日改定)

    筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、病後回復期、疲労回復、健康増進

    この泉質ならではの浴用の禁忌症(平成26年7月1日改定)

    なし

    浴用の一般的禁忌症(平成26年7月1日改定)

    病気の活動期(特に熱のあるとき)、活動性の結核、進行した悪性腫瘍又は高度の貧血など身体衰弱の著しい場合、少し動くと息苦しくなるような重い心臓又は肺の病気、むくみのあるような重い腎臓の病気、消化管出血、目に見える出血があるとき、慢性の病気の急性増悪期

    飲用の適応症

    不可

    【参考】この泉質ならではの「飲用」の適応症 ※当施設では保健所の飲用許可を取得していないので飲めません。
    胃十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、耐糖能異常(糖尿病)、高尿酸血症(痛風)

    分析日(上記の温泉成分表は下記機関の調査データより引用)

    平成30年6月19日(宮城県公害衛生検査センター)

    • ※適応症・禁忌症に関しては、平成26年7月の改正の「鉱泉分析法指針」に準拠しています。
    • ※宿よりデータを提供して頂きました。

    「温泉」の資格20項目と「療養泉」の資格8項目

    条件/成分(1kg中の割合)
    ※ひとつでも条件をクリアすれば「温泉」「療養泉」
    A【温泉法】
    「温泉」の条件(規定値)
    B【鉱泉分析法指針】
    「療養泉」の条件(規定値)
    1 温度(泉源から採取される時点) 25℃以上
    2 溶存物質(ガス性のものを除く) 総量1000mg以上
    3 遊離二酸化炭素(遊離炭酸) (CO2 250mg以上 1000mg以上(二酸化炭素泉)
    4 リチウムイオン(Li+ 1mg以上
    5 ストロンチウムイオン(Sr2+ 10mg以上
    6 バリウムイオン(Ba2+ 5mg以上
    7 総鉄イオン[Fe2+(鉄(Ⅱ)イオン/フェロイオン)+Fe3+(鉄(Ⅲ)イオン/フェリイオン)] 10mg以上 20mg以上(含鉄泉)
    8 マンガン(Ⅱ)イオン(第一マンガンイオン)(Mn2+ 10mg以上
    9 水素イオン(H+ 1mg以上 1mg以上(酸性泉)
    10 臭化物イオン(臭素イオン)(Br- 5mg以上
    11 よう化物イオン(よう素イオン)(I- 1mg以上 10mg以上(含よう素泉)
    12 ふっ化物イオン(ふっ素イオン)(F- 2mg以上
    13 ひ酸水素イオン(ヒドロひ酸イオン)(HAsO42- 1.3mg以上
    14 メタ亜ひ酸 (HAsO2 1mg以上
    15 総硫黄 (S) [HS-(硫化水素イオン)+ S2O32-(チオ硫酸イオン)+ H2S(遊離硫化水素)] 1mg以上 2mg以上(硫黄泉)
    16 メタほう酸(HBO2 5mg以上
    17 メタけい酸(H2SiO3 50mg以上
    18 炭酸水素ナトリウム(重炭酸ソーダ)(NaHCO3 340mg以上
    19 ラドン(Rn) 20ナノキューリー以上
    20×10-10Ci(キューリー)以上
    20(20百億分の1キューリー単位)以上
    =74Bq(ベクレル)/5.5マッヘ以上
    30ナノキューリー以上(放射能泉)
    30×10-10Ci(キューリー)以上
    30(百億分の1キューリー単位)以上
    =111Bq(ベクレル)/8.25マッヘ以上
    20 ラジウム塩(Raとして) 10-8mg以上
    1億分の1㎎以上
    この温泉・療養泉の資格条件 クリア数 4 2
    合計 6 ポイント

    温泉の言い伝え/その他

    伝承による効能

    疲れがよく取れる、皮膚を滑らかにする、神経痛、リュウマチ、足・腰・膝などの痛み

    この湯に浸かった歴史上の人物

    仙台藩主・伊達家(江戸時代にはこの地に伊達家専用の「御殿場」があった)

    この湯に浸かった著名人

    日本文学者・ロバート・キャンベル、写真家・荒木経惟(アラーキー)、音楽家・坂田明、お笑い芸人・又吉直樹

    温泉の解説

    「旅館大沼」のある「東鳴子温泉」は、「鳴子温泉」「川渡温泉」「中山平温泉」「鬼首温泉」とともに「鳴子温泉郷」というエリアを成し、域内に約370本もの源泉を持つ。平成26年の温泉法改正により、泉質は10種類に分類された。ここ鳴子温泉郷では、なんと7種類の泉質が体感できる。国内有数のバラエティ豊かな源泉を誇る温泉地だと言えるだろう(ちなみに、「放射能泉」「含よう素泉」「二酸化炭素泉」の3つが鳴子には現存しない)。
    鳴子温泉郷では独自の源泉を所有する施設も多く、この「旅館大沼」にも極めて上質な自家源泉が3本湧く。それを混合したのがこの「大沼の湯」であり、館内にある浴槽のうち、「天女の湯」「灯りの湯」「陰の湯」「陽の湯」の4ヶ所に、かけ流しで存分に注がれている。温泉を循環・ろ過して再利用することなく、浴槽からあふれ出るままに新しい湯がこんこんと供され続ける。源泉豊富な鳴子ならではの、うれしい贅沢だ。
    その泉質名は「ナトリウム-炭酸水素塩泉」に分類される。旧泉質名では「純重曹泉」と呼ばれていた通り、重曹成分の突出した、稀少なお湯だ。しかも、当たり前のように源泉かけ流しとなっており、いつでもピュアな温泉を体感できるのだ。
    炭酸水素塩泉の泉質別適応症は、きりきず末梢循環障害冷え性皮膚乾燥症となる。
    成分分析表によれば、ナトリウムイオン(陽イオン)、炭酸水素イオン(陰イオン)ともに85%程度を含有しており、極めて純度の高い「重曹泉」であることがわかる。市販されている一般的な入浴剤の主要成分は炭酸水素ナトリウム、つまり重曹であるが、大沼の湯は、まさに「天然の入浴剤」そのものであり、重曹の持つ力を余すことなく味わうことができるのだ。重曹成分は血行を促すとともに、古い角質を柔らかくし皮脂汚れを落とす効果がある。いわゆる「美肌の湯」と言われる所以であり、特に女性にはうれしい効果だろう。
    さらにこちらの源泉には、注目すべき点がもうひとつある。それがメタけい酸の含有量だ。一般的に、源泉1kg中50mg以上で温泉と規定されるメタけい酸は、100mg/kg以上を含むと「美肌効果あり」と考えられる。大沼の湯には、その3倍近い数値の273.2mgを検出するのだから特筆に値する。メタけい酸はコラーゲンの生成を助け、肌をみずみずしく保つ効果があるため、泉質名には反映されないが美肌を追及するならぜひチェックをしておきたい重要項目だ。また、メタけい酸にカルシウムイオンが合わさることで、肌のセラミドを整える効果が加わるが、大沼の湯にはしっかりとそれも含まれている。
    高濃度の重曹(炭酸水素ナトリウム)がもたらすクレンジング効果と、メタけい酸によるうるおい作用という、美肌にはいいこと尽くしの掛け合わせが、この自家源泉最大の魅力だろう。
    さて、こう書くと、さも濃厚なお湯を想像するかもしれないが、「大沼の湯」の成分総量は1,143.6mg/kgと控えめで、浴感はごくマイルドだ。pH値も7.0と中性であり、肌への強い刺激も少ない。ほのかな黄色みを帯びた湯には木の香りが漂い、吸気による癒し効果も抜群だ。バラエティ豊かな泉質を持つ鳴子温泉郷の中でも、こと美肌効果に関して言うならば、この「大沼の湯」は欠かせない湯であることに疑いはないだろう。

    貸切風呂「陽の湯」 貸切風呂「陰の湯」
    貸切風呂「陽の湯」 貸切風呂「陰の湯」
    湯船の中には備長炭が仕込まれている。ここの源泉はもともと美肌効果のある源泉だが、備長炭の効果で、よりとろとろしたお湯になるという。一口に入浴といってもお客を飽きさせない工夫が感じられる。 湯船には数種類の薬石が組み込まれており、湯船に体を傾けると薬石の形状からツボ押しの効果や、薬石の薬理効果が得られる。小さな湯船だが、窓から吹く風が心地よい。
    女性大浴場「天女の湯」 貸切風呂「灯りの湯」
    女性大浴場「天女の湯」 貸切風呂「灯りの湯」
    「薬師千人風呂」の隣にある女性専用の大浴場。薬師千人風呂と比較して少しこじんまりとしているが、男性の目を気にすることなく入浴することができる。なお、薬師千人風呂とは異なる源泉を使用している。 施設内の4つの貸切風呂のうちの1つ。眺望もあまりなく湯船も小さめだが、手すりがついているなど、付添の方と一緒でも安心して入浴できる。まさに家族風呂といった湯船だ。

    宿レポート

    かつては湯治場として大いに繁栄した鳴子温泉郷だが、残念ながら現在には、かつての賑わいは残ってはいない。それでも、「旅館大沼」の五代目湯守である大沼伸治氏は、鳴子の湯治文化を伝え広めることにいまもなお熱心だ。
    とはいえ、ただ古くからの湯治の形を継承しているわけではない。この宿では湯治を「TOJI」と表現し、時代のニーズに合わせたさまざまなスタイルを常に発信し続けている。温泉地でのリモートワークの推進や、アクティビティとしての農作業体験と温泉による保養を組み合わせたイベントなど、「旅館大沼」で体験できるのは、まさに現代型の湯治スタイルだ。
    たとえば、自炊は煩わしいけれど、豪勢なお膳では重たすぎる。温泉でからだを癒しつつ、胃腸もしっかりと休めたい。そんな要求に応えてくれる「一汁三菜プラン」は、いかにもこの宿らしい選択肢だろう。発酵玄米や地物の野菜など、健康に配慮した献立は、自炊をすることなくバランスの取れた食事を提供してくれる。温泉だけでなく、水や食、空気など、周辺環境を含めそこで過ごす時間のすべてによって癒されるのが湯治だとするならば、そのサポートを現代のニーズに合わせて提案するのが「旅館大沼」だ。それはまさに、進化型の「TOJI」スタイルそのものであり、都会に住む人の多くが求めてやまない癒しのカタチだろう。人間が、人間らしさを取り戻すために、お湯の力を利用する。そのための「場」として、この宿はある。至れり尽くせりのおもてなしに癒しを求めるのではなく、能動的に自己の回復を目指す。そのような志向の人にこそ、ぜひ勧めたい宿だ。
    宿泊レポートはコチラ

    料金データ

    1泊2食料金 ¥9,680~
    1泊朝食料金 設定なし
    素泊り ¥6,600~
    一人泊 ¥9,680~
    宿泊時の貸切風呂料金 無料
    日帰り 大人¥500/子供¥300/未就学児¥100
    日帰り貸切温泉 「母里の湯」1組40分¥2,000(税別)

    宿データ

    創業 1910年
    チェックイン 14:00
    チェックアウト 10:00
    宿の立地環境 庭、民家
    部屋数 全18室
    収容人数 50名
    駐車場 20台
    施設 茶室・自炊用キッチン・ランドリー・山荘
    インターネット Wi-Fi対応
    バリアフリー 非対応
    シャワー付きトイレ 完備

    交通アクセス

    電車 JR陸羽東線 鳴子御殿湯駅より徒歩5分。
    送迎 あり
    クルマ 東北道 古川ICより国道47号線で約30分。
    住所 宮城県/東鳴子温泉/旅館大沼
    〒989-6811 宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯34 TEL:0229-83-3052

    Google マップ

    データ制作
    2021/05/14

    運営会社

    温泉コム株式会社
    〒192-0063 東京都八王子市元横山町2-5-2 カルテットキャビン301

    ※メディアへの素材提供、掲載のご依頼はこちらへお問い合わせください。

    お問い合わせ

       

    この記事の執筆者

    この温泉を推薦する温泉ソムリエ!:野田 道貴

    執筆者:温泉&旅 倶楽部 代表 大竹央将

    執筆者:温泉コム株式会社 CEO 大竹仁一

    この温泉を推薦する温泉ソムリエ!

    この温泉を推薦する温泉ソムリエ!:温泉ソムリエ協会・家元 遠間和広

    クチコミ一覧

    (名前をクリックすると各々のSNSへ飛びます)

    荒木 麻由(まあゆ)

    幾多の貸切風呂が24時間予約不要で使えるので、誰にも邪魔されずゆっくり湯治を楽しみたい人には最高!・・・続きを読む

    おすすめ温泉

    更新情報