温泉&旅 倶楽部

泉質別の解説

一般的な適応症と禁忌症、各泉質別の適応症と禁忌症をご紹介します。

①単純温泉

Simple hot springs

優しい泉質で万人向け/リラックス&美肌の湯

温泉水1kg中の溶存物質量(ガス性のものを除く)が1,000mg未満で、湧出時の泉温が25℃以上の温泉。このうちpH8.5以上のものを「アルカリ性単純温泉」と呼んでいる。「単純温泉」は温泉成分がそれほど濃くないため(それでも市販の入浴剤の数倍の温泉成分が入っている場合がほとんど)、肌への刺激が少なく、脳卒中など外科手術後のリハビリ、静養に適することから「脳卒中の湯」「中風の湯」「神経痛の湯」とも言う。また、赤ちゃんやデリケートな肌質の方でも安心して入浴でき、「湯あたり」しにくい泉質という事で「家族の湯」とも呼ばれる。特に、弱アルカリ性単純温泉(pH7.5以上)、アルカリ性単純温泉(pH8.5以上)は、肌の古い角質を取ることで、入浴後つるつるすべすべになる事から「美肌の湯」とも称される。そして、泉質別適応症に、自律神経不安定症、不眠症、うつ状態・・・とあるように、メンタルに効く温泉だと分かる。温泉の刺激がマイルドなため、ゆったりとリラックスして湯浴みができる事も大きな特徴。
ちなみに「単純温泉」の「単純」とは、温泉成分が1kgあたり1000mg未満という意味。泉質が単純という意味では決してない。例えば「単純硫黄泉」という泉質名は、特殊成分の総硫黄が基準値以上入っているが、全体の温泉成分(溶存物質)が1kgあたり1000mg未満の場合「単純」の文字が「硫黄泉」の先に付く。
※以下、参考までに・・・「単純」という名前は、古くは1907年発行のドイツ温泉教科書のEinfaches Wasser(単純温泉)の直訳から取ったらしい。ところが1985年以降、ドイツでは「単純」の文字は消され、単に「温泉」とか、「混じりけの無い」「純粋」な温泉という文字に入れ替わっている。・・・※「温泉の百科事典」(丸善出版) p.294より抜粋
「単純温泉」は、温泉地によって溶け込んでいる温泉成分が様々なためそれぞれに細かい個性があるのも事実。硫黄成分や、メタケイ酸の量など、温泉分析書を見ればその特性が多種多様である事が分かる。
その証拠に、温泉法の「新旧泉質名対照表」を参照すると、例えば、「二酸化炭素泉」の略記泉質名は「単純CO?泉」となる。[元素記号+泉]というのが表記ルール。「単純温泉」の場合は、(溶存物質が1000mg未満のため)元素記号が表記できないためか、10の泉質のうち唯一空欄となっている。「単純温泉」こそ、温泉分析書の陽イオン、陰イオンなどの溶存物質の成分バランスを見なければ、その本当のキャラクターを把握できないという事だ。「単純温泉」を、お弁当の種類で例えれば、「幕ノ内弁当」だろう。お店や地域によって食材が違い、おかずの種類も豊富だからだ。それでいてバランスがいい。「単純に薄い温泉だから刺激も少ない分、効能も小さめ」的に評論している自称温泉ライターは勉強不足と言わざるを得ない。
「単純温泉」は、万人向けの温泉である事と、オールマイティーな意味もあるので、「単純」ではなく「スタンダード」、つまり「標準温泉」と名付けるべきであろう。古今東西、「名湯」と呼ばれるのが多いのも、この泉質なのである。日本国内では、塩化物泉と並んで、一、二を争うほど多い泉質でもある。

泉質別適応症 浴用

自律神経不安定症、不眠症、うつ状態

飲用

なし

泉質別禁忌症 浴用

なし

飲用

なし

  • ■旧泉質名・・・単純温泉(新泉質名と同じ)
  • ■湯の色・・・無色透明
  • ■味・香り・・・基本、無味無臭だが、溶存物質により味も香りも変化する。
  • ■湯ざわり・・・溶存物質により、つるつる感、しっとり感など。アルカリ性が強い場合、トロミを感じる。
  • ■主な温泉施設・・・北海道・小樽朝里川温泉「おたる宏楽園」/群馬県・谷川温泉「水上山荘」/長野県・上諏訪温泉「上諏訪しんゆ」/新潟県・弥彦温泉「お宿だいろく」/大分県・由布院温泉「草庵秋桜」/熊本県・植木温泉「悠然」
  • この泉質の宿一覧

一般的適応症

※すべての泉質に関わる適応症。

浴用

筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、病後回復期、疲労回復、健康増進

飲用

※飲用には一般的適応症はありません。

一般的禁忌症

※すべての泉質に関わる禁忌症。

浴用

病気の活動期(特に熱のあるとき)、活動性の結核、進行した悪性腫瘍又は高度の貧血など身体衰弱の著しい場合、少し動くと息苦しくなるような重い心臓又は肺の病気、むくみのあるような重い腎臓の病気、消化管出血、目に見える出血があるとき、慢性の病気の急性増悪期

飲用

※飲用には一般的禁忌症はありません。

運営会社

温泉コム株式会社
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-7-2

※メディアへの素材提供、掲載のご依頼はこちらへお問い合わせください。

お問い合わせ

この記事の執筆者

執筆者:温泉コム株式会社 CEO 大竹仁一

おすすめ温泉

更新情報